枚方の歯科医院・歯医者 福田歯科医院のホームページです。 インプラント、歯周病治療、レーザー治療ならお任せ。

お電話でのご予約・ご相談は
診療時間


福田歯科医院ブログ

口腔ガン( 福田歯科でも細胞診検査と病理組織学検査ができます。)

先月、堀 ちえみさんの「舌癌」発表以来、当医院の患者さんにも
「先生、この白いできもの心配ないですか?」と聞かれるようになりました。

福田歯科でも「細胞診検査」と「病理組織学検査」ができます。

_r1_c1

左側が、細胞診の綿棒とプレパラートです。

右側は、病理組織学検査の組織を採取した標本入れです。

専門機関に依頼して、数日で結果が出ます。

 

病理組織検査は、麻酔が必要ですが、細胞診検査は、「綿棒」で舌、歯肉、頬をこするだけなので

痛みもなく簡単です。

過去に、当医院でも「舌癌」「歯肉癌」の患者さんを早期発見しています。

関西医大病院等での治療により完治され、本当に良かったと思います。

 

口内炎がいつまでも治らなかったり、白くなっていたりで

ご心配な方はお気軽に御相談下さい。

 

春太に弟が?

先日、雑貨屋にビションフリーゼのぬいぐるみがあったので

思わず購入し、自宅で春太と並べてみるとまるで兄弟でした

_r1_c1

 

 

 

赤味噌が血圧を下げてくれる

昨年末、テレビで
「赤味噌が血圧を下げてくれる。」という放送を健康番組で見ました。
akamiso

私も毎日の診療で、麻酔をしたり、歯を削ったり、緊張した時間を過ごしているので、どうしても
血圧が高めになります。そこで、「赤味噌汁」を毎日の食事に取り入れています。
赤味噌が血圧降下に期待される理由は、「メラノイジン」という抗酸化物質が多いことと
塩分排出を促進させる「カリウム」が多く含まれているからだそうです。
赤味噌汁で健康維持に努めていきたいです。

 

 

「春太の特技」 春太ブログ

今回は春太の特技を紹介しようと思います。少し前に

YouTubeでベルを鳴らす犬猫の動画が流行っていたので

春太にも覚えさせてみました。

 

 

新年(2019)のブログ 「歯がしみる対策 ホームケア」

皆様、新年おめでとうございます。

若いときは、正月、新年の何が「めでたい」のかわかりませんでしたが,

年齢を重ねて、

「昨年1年間無事過ごせたこと」に「感謝して」

「新年おめでとうございます。」が私の心の気持ちとなりました。

 

話は、変わりますが、寒いと「うがい」などした時に歯がしみます。そこで、ホームケアとして、

当医院でも薬用歯磨きを勧めています。

_r1_c1s

代表選手がシュミテクト

薬用成分は、硝酸カリウムです。

 

_r1_c1

また、システマは、硝酸カリウムと乳酸アルミニュウムが有効成分に配合されています。

サンスターのGUM(プロケア)も硝酸カリウム配合の製品があります。

しみる症状がある方は、当医院の受付にも試供品が置いてあります。ご自由にお持ち帰り下さい。

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたしますワン。

_r2_c1

 

 

春太3歳になる 【春太ブログ12月】

春太は12月2日で3歳になりました。

お誕生日おめでとう

1204

歯列接触癖(TCH)について 木野 孔司先生の講演

今月は、歯科衛生士の井尻が、木野 孔司先生の講演に
参加してきましたので報告してもらいました。
内容は、歯列接触癖(TCH)Teeth Contacting Habits)についてです。

歯の接触そのものが原因である歯列接触癖(TCH)が、多くの
顎関節症に大きく影響している。
上下の接触というと、力を入れて食いしばるだけ出なく、
歯が単に接触する程度でも筋の緊張が起こり、さらに上下の歯の
接触時間が長くなると、顎関節への負担が増え、
顎関節症、開口困難、肩こり、頭痛、起床時の違和感
などの原因となる可能性が考えられる。

重要な事は、自分で知らず知らずに行なっている癖に気づくことと
修正トレーニングを行なうことで、患者さんの痛みが軽減出来るように
指導していきたい。

ハロウィン2018 春太ブログ11月

春太ブログ11月

ハロウィン2018

今年のハロウィンも

春太は仮装をしました。

 

_r2_c2

第46回 日本歯科麻酔学会 総会・学術集会に参加

 

10月5(金)~7(日)まで、
奈良市(春日野国際フォーラム)で開催された
「第46回 日本歯科麻酔学会 総会・学術集会」参加してきました。

1022_r1_c1

全身麻酔や静脈鎮静時にも使用する鎮静剤の濃度調整についてと、一般的にもよく知られている、ハチに刺されたり、そばや小麦などの食物を食べて発症する急性ショック

「アナフィラキシー ショック」について 最新の情報を勉強してきました。

1022_r2_c3

 

帰り道に奈良公園を少し散策しましたが、「鹿」がいてのどかな風景でした。

1022_r4_c2

 

 

24時間受付のメール相談
ページトップへ